Diary 2015.4.6.Mon 春らんまん

 桜は意外と季節が短いなぁと、毎年思うのですが、今年はなお早く感じました。まぁ、何の深い意味もなくて、ただ一つ分かったのは、家に近い十字路の角、結構大きなお屋敷があるんだけれど、そこの立派な桜はとても生命力が強くて、先週の土・日で関東各地桜が吹雪くくらいに風邪が強かったにもかかわらず、未だきれいな花を見せてくれています。ようやく、少し葉も目立ち始めてきたので、初夏に向かっていることは確かなのですが、それにしてもきれいな花……桜でした。
 東京に来て丸四年、社会人年数で言えば「五年目」という数字になりました。仕事にも慣れてきて、嫌なことが増えてきて、出社するのが辛くて、お医者さんにお薬を処方してもらう程度には疲れてきていますが、まあなんとかやっています。好きなことをしていても、それがお金にならなきゃいけないようで、そういう意味で、お仕事って大変だなあ、仕事をしている人はすごいなあ、と思ったりします。たまたま2015.4.5.Sun、新卒採用の説明会に、リクルーターという立場で参加する機会を得ることが出来ました。リクルーターを毎年、今年で三年連続三回目、イベントの数で言うと七回目の機会だったのですが、やはりいろんな人がいるなあと思うのです。明らかに挙動不審な人だったり、今日頑張って家を抜け出してきました感のあるみるからにひきこもりな人だったり、そんなことを言ってはいけないのですが、正直見りゃ分かるというところが大きいです。そういうのを見ると、未来の社会を担う(26歳のぼくが言うのは変なんですけど)若者たちが、ああ、元気だなあと思うわけです。少し気持ちが疲れていたところ、こういうポジティブなイベントに参加すると悲惨なことになるんじゃないかと、参加する前は思っていましたが、意外と大丈夫でした。私も少し気持ちをリフレッシュしてこれから臨んでいけるかなとちょっと思っています。なにはともあれ、ありがとうですよ。
 今年に入って最初の大きなイベントは、お正月のあとの新婚旅行……の予定だったんですが、妻のご実家に不幸があり、急遽取りやめとなりました。いわゆるところの延期ですね。落ち着いたら日程を変えて、旅行に行けたらなと思います。不幸というのは急にやってくるもので、正直これは生きている以上避けることができない、つらい出来事だなあと思います。お見送りに参列頂いた皆様をみると、できることなら人間死なないのがいいなあとも思ったりしましたが、ただ千年生きたいかと言われると、それはちょっと遠慮したいです。何が言いたいかというと、千年生きてる木はすげえなあということです。
 前回の日記は、2014.5.13.Tue。実に一年前、結婚のご報告でした。結婚したのは2014.3.2.Sun。既に一年とひとつきが経っています。時間が流れるのは早いなあ。この一年何があったかなと思うと、結構色々あったんですけど、でもそれって付き合い始めてからで言うと、実はそんな大きなことって無かったりするんですよね。もう交際を始めてからは九年になってしまいますから、その間にあった上京とか、結婚前にあった同棲とか、そういうものと比べるとイベントらしいイベントってあんまりないなあと思うわけです。なにかイベントごとを作ることができたらいいですね。
 日記のネタに困ると、「お笑いの感想」「最近やってるゲーム」「面白かったアニメ」の、ぼく三強ネタに走りがちなんですが、それ以外にも普段考えていることとかあるだろうと思って自分にムチ打ちきょうは書いてみました。おわり。
これまでの惑星カルカドルはこちら。

(C)2015 惑星カルカドルは さざなみそうた の個人テキストサイトです。